2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


前回の続き。

野田首相は消費税の増税に躍起になっているが、これは財務省の手のひらに乗って財務官僚からのいいなりになっているから。じゃ、なんで財務省は増税に躍起になっているか?

おそらく誰もがまもなく1000兆円にもなろう国の借金など「財政再建」を理由にするだろう。
僕もそう思った。次の世代に借金を残すな、と。
ところが先日財務官僚出身の高橋洋一氏がとんでもない理由を話していた。

「財務官僚が消費税の値上げを目論むのは、財政健全化なんかじゃない。むしろ財政再建などされたら困る。とにかく増税がしたいのだ。増税というのは税の軽減処置や特例処置など様々な利権の温床になり、天下りが生まれる。これが目的。すなわち増税することが最終目標であって、財政再建は理由にすぎない。むしろ簡単に財政が健全化されては困るのだ。

本当だろうか?おそらく財政健全化も目的だろうが、この利権の温床、天下りの創出というのも目的なんだと思う。おそらくコインの裏表のようにどちらも本当だとおいうのが、真実ではないだろうか?



あなたは毎月、給料明細の税金や社会保障費の額をみてため息ができませんか?
日本ってなんでこんなに重税なんだろう、って思ったことありませんか?

僕は時々、サラリーマンやOLなど給与所得者はいっそ給与引き落としではなくて、コンビニか金融機関で支払うことにしたら、その額が実感できてもっと国民の税や政治に関する関心が高まるのではないか、とさえ思う時があります。

ところが、実はOADC先進国の中でも日本はアメリカに次いで、税金や社会保障の負担の軽い国なんです。(まあ為替とかありますけどね)

しかし、実際のリターン、医療費や年金、あるいは住民サービスなど住民に戻ってくる金額も驚くほど低く、支払った額からリターンを引いた額、すなわちムダがとても多い国なのです。
早い話が公共サービスの効率がとても悪いのです。特に社会保障費の中で高齢者関連が60兆円、一方児童関連は3兆そこそこ。日本は世界で最も子供にお金を支払わない国なのです。

<参考>
binWord/blog - 高齢者と児童・家庭の社会保障給付費を比較

今や増税論議が盛んですが、これはもちろん財務省主導です。
ではなぜ財務省はしゃかりきになって財務省は増税を掲げているのでしょうか?
「財政健全に決まっているだろう?」って?

続きはまた書きます。




 みたらし団子ってなんか東京っぽいけど、実は京都の加茂が発祥だそうだ。
あるいは中京圏かな?とも思ったけど。

東京出身だけど、桜餅は断然道明寺がいい。東京風の薄皮クレープはなんだか桜という気がしない。

昭和天皇の料理人の話。彼が新人時代に陛下の好物の焼き芋を皮をむいてお出ししたら、陛下はほとんど口をつけなかったという。皮こそが好物だということを後で知ったそうで、こっぴどく先輩から叱られたそうだ。

後日、今度は彼は柏餅を葉をつけたまま陛下にお出ししたら、「なんか固いな」と言って葉の太い茎の部分だけを残してお食べになったそうだ。

なんか甘いものが食べたくなったぞい。



 実は僕は自分の住むマンションの理事を担当していたが、今日の役員会でお役御免となった。任期は2年。この間、大きなトラブルもなく無事に終わってなにより。

しかしいろいろ勉強になることがあった。

1.横浜、川崎の水は水質が抜群によくて、美味しいだけじゃなくて、水道管の劣化も他県に比べて良好だとか。

2.横浜市青葉区のこの地域は硬い岩盤だそうで、地震にも強い。もちろんこれは他の地域と比較してだが。

3.地震保険とは共有部分だけで、しかも、まず全損認定はありえない。

今日の総会でも、万が一、東京のマンションが崩壊するような大地震がきたら、損保会社や金融機関、そもそも日本政府が大混乱して、果たして地震保険がもらえるのだろうか?あるいはそこで認定され地震保険でいくばくかのお金をもらっても、果たしてそれはどんな意味があるんだろう?と話題になった。しかし、東日本の大震災以後、損保会社の地震保険はビジネスチャンスだという・・・。

4.うちのマンションの屋上にはソフトバンクのアンテナがあるのだが、これで年間76万収益を得ている。

実はうちのマンションには、積極的に役員に名乗りでて、建築会社や保険会社、植木やシルバー人材など相見積を取り、どんどん無駄を省くコストカッターの方がいる。その方が理事長に就任した数年前、さまざまなムダを省き、管理費の積立金を大幅に増やすことに成功した。また、彼の話だが、別のマンションでは別の管理会社と相見積を取り、競い合わせ、なにもせずに管理費用を3割削減させたそうだ。

僕も若造だし、役員は嫌で、はじめは逃げまわっていて、任命されたときはあちゃー!と思ったが、なかなか勉強になることも多かった。それにしても損保会社の給料はいい。それだけ儲かっているんだろう。しかし、生保に次いで、損保だってこれからどうなるのか?

でもやっと肩の荷が降りた。
さあ、引越しを考えようかな?なーんて。(笑)


この春、大学を卒業して自立したり、あるいは異動の内示が出てそろそろお引越しを検討している方も多いと思う。今日は尊敬するちきりん的に、単身労働者向けのおちゃらけ住まい選びを書こうと思う。

あなたは何を基準に住まいを考えますか?通勤時間?環境?家賃?間取り?駅からの時間?

実は一般的なサラリーマン・OLの場合だと、年間勤務日数は245日ぐらいで土日や祝日や有給を含む非勤務日数は120日ぐらいが一般的ではないだろうか?そう、実は一年の1/3は仕事に行っていないのだ。これは意外!

そう考えると家には夜寝るだけ、という人は考えを改めないといけない。まず2/3を平日の暮らし重視、すなわち通勤時間や駅までの時間などを考慮し、残りの1/3もたっぷりある休日の暮らしの上での環境を考慮すればいいと思う。出かけるのが好きな人は駅近を選んだり、お料理が好きな人はキッチンを重視、あるいは休みの日にはこもってネット三昧の人はネットの環境と近所にコンビニがあればいいだろう。

仕事で3でお休みが1、このバランスで住まい選びをしてはいかがだろうか?


住みたい街ランキングの常連はいつだって自由が丘であり、吉祥寺であり、下北沢だ。この記事を読むと、つくづく単身のOLさんの感覚だな、と思う。そもそも誰が住みたいか、男性か女性か、単身者かニューファミリーか、同居二世帯か、単身老人かで、それぞれ環境は異なる。

先日冷やかしで豊洲と渋谷の分譲マンションを見に行ったが、そこは遅くまで仕事をしてたくさん働いてガッツリお給料を貰う人向けのマンションだった。すなわち、僕には全然向いていないのだ、イヤ分不相応だった(笑)。反対に田園調布や自由が丘は遅くまで仕事をすると言うよりもすでに資産がたくさんありすでに現役を退いた方が多い場所ではないだろうか?。また、一方でコミケが好きでおたくの知人は通勤時間を金で買ったといって秋葉原の単身者向けマンションに住んでいた。あるいはニューファミリーならば僕の住む青葉区のような環境の良い郊外を好むだろう。

先週の話になるが、僕の仕事に関係する目黒通り沿いにあるドン・キホーテが閉店するかもしれない、という噂を小耳に挟んだ。聞けばその地域にはかつて安いファミレスが出店してきたがやがて閉店した。この地域の住民はそんな安い店にいるところを近所の知り合いに見られるのを極端に嫌うそうで、平日のお客の入りが悪かったのが閉店の原因だという。なるほどそんな場所なのだ、世田谷、目黒の高級住宅地という場所は。

子供の頃読んだ童話に「都会のネズミと田舎のネズミ」というお話があって、やっぱり都会のネズミには都会がお似合いで、田舎のネズミは田舎が一番、という結論だったと思う。でも、もし僕が子供にこのお話を読んであげるとしたら、都会のネズミは田舎に行ってもすぐに環境に溶け込み、田舎のネズミもすぐに都会に溶け込みました。お互いに異なった環境にも慣れて、異なった人たちとも仲良くなりました、メデタシメデタシ、と話したい。それが多様な生き方のお手本ではないだろうか?

最後に春から新しい住まいで生活される方へ。首都圏の場合は沿線でその地域のカラーがなんとなくわかります。不動産選びは沿線選びです。貴方が素敵な場所をお探しできることをお祈りします。


消費税増税の話題になるのと必ず取り上げられるのが食料品は非課税にしよう、あるいは食料品の中でも贅沢品だけ課税をしようという案。

でも現実問題は難しい。そもそも家計に占める食料品の割合は高く、食料品全部を非課税にするとそもそも消費税の効果として期待できない。

では日常食べているものは非課税にして、高級品のみ課税しよう、という意見、これはもっと難しい。値段の高い米、魚沼産コシヒカリは課税?パンだと食パンは非課税?魚はサンマはOKだけどトロは課税?そもそも酒税がかかっているお酒ももめるだろう。

結局なにが高級品か?この議論だけが独り歩きして盛り上がり(マスコミが飛びつきそうですね)、本来の社会保障や政府のムダの削減などどこかへ消えてしまいかねない。実際に欧州でもこの品目による課税対象の取り決めの例は意外と少ない。

僕は課税するなら全部課税して、低所得者に別の施策を考えたほうがいいと思う。


かなり確信しているのだが、僕は書けなくなったボールペンやマジックが放置している会社や家庭はダメなところが多いと思う。書けなくなったペンをさっさと捨てられず、また新しいものを補給しようとしない、誰かがやるさ、こんな人が多いところは仕事も家事も手際が悪いと容易に想像がつく。

組織で言えば無駄話が多いところ、それもその場にいない人の悪口をいう組織は最悪だ。マイナス感情を共有して連帯する。僕が外資にいた時の上司は本人に直に言った。「だって陰口なんて言ったってなんの解決にもならないだろう?」僕は彼のことを尊敬していた。

あと会議が多い、長い、時間がルーズの組織もダメ。会議がアリバイ作りと社内政治力のパフォーマンスの場のところって結構多いと思う。これが時間外労働の長時間化につながるのだ。

就活の皆さんは要チェックです。


 自慢するわけでもなんでもないけど、僕は30歳前に今住んでいる青葉区のマンションを購入した。

正確に言えば長期住宅ローンを開始したけど、金利が高くて必死で前倒しで支払い、おかげ様でなんとか完済できた。まさに社畜になってパチンコ屋ギャンブルなど遊びもせず、とにかく働いた。でも思う。今の時代だったら絶対に10年以上のローンなんて組まない。いや組めない。だって組織どころかこの業界だってどうなるかわからないから。

今ならどう考えても賃貸の方が楽だ。まあ家族がいたりしたら別かもしれないけど・・・。しかし皮肉なものだ。

若者の自動車離れと言われて久しいが、一般的に考えて自動車も買えない若者がマンションなんて買えるとはとうてい思えない。

分譲をメインとする不動産業界、ヤバイな。


1.これからの日本、若い労働力がどんどん減る。
2.依然として終身雇用の人気は根強い。
3.しかも親元を離れたくない学生も多い。(男子でも)

 ふと、考えた。 「高卒限定で、しかも終身雇用を補償、さらにブロックを限定し、そのブロック以外の転勤はないが、年収は大卒の半分」 こんな採用したらどうだろうか?

 年収は低いけど実は人気殺到ではないだろうか?バブル崩壊後に大卒が高御卒と偽って公務員採用試験を受験したことが問題になったことを思い出した。 あるいは若い労働力確保のために政府が上記採用を実施した企業に補助金を支給してはどうだろう? そうなると、医学部や薬学部、あるいは理工系や一部の難関文科系以外の大学に入学する学生は激減するだろう。

でも僕はそれでいいと思う。勉強したい奴はすればいいし、無駄な就活に時間を潰すことなく若いうちから社会に出て働いて納税する。親だって無駄に大学教育に500万円も投資するよりも早く働いたほうが安心だろう。

 でもそうなると企業にとっては高卒日本人よりも同じ給与で、新興国の大卒を採用するかもしれないな。